ゼルダの伝説シリーズのゲームソフトタイトルまとめ(対応ハード機など)

どうも、キャナナです。

今さらながら「ゼルダの伝説」にすっかりハマってしまいました。。ほんと面白いですね!

ということで、この機会にできるだけ過去作も遊びたいと思い、どのハード機でどのタイトルが遊べるのか、いろいろと調べてみました。

ゼルダの伝説タイトル年表

まずはさくっとタイトル発売の年表を。

1986年 ゼルダの伝説(ファミコン)
1987年 リンクの冒険(ファミコン)
1991年 ゼルダの伝説 神々のトライフォース(スーファミ)
1993年 ゼルダの伝説 夢をみる島(ゲームボーイ)
1994年 ゼルダの伝説1(ファミコン)
1995年 BSゼルダの伝説(サテラビュー)
1997年 BSゼルダの伝説 古代の石盤(サテラビュー)
1998年 ゼルダの伝説 時のオカリナ(64)
1998年 ゼルダの伝説 夢をみる島DX(ゲームボーイカラー)
2000年 ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(64)
2001年 ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章・時空の章(ゲームボーイカラー)
2002年 ゼルダの伝説 風のタクト(ゲームキューブ)
2003年 ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣(ゲームボーイアドバンス)
2004年 ゼルダの伝説 4つの剣+(ゲームキューブ)
2004年 ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(ゲームボーイアドバンス)
2006年 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(ゲームキューブ・Wii)
2007年 ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(DS)
2009年 ゼルダの伝説 大地の汽笛(DS)
2011年 ゼルダの伝説 時のオカリナ3D(3DS)
2011年 ゼルダの伝説 スカイウォードソード(Wii)
2013年 ゼルダの伝説 風のタクトHD(WiiU)
2013年 ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(3DS)
2015年 ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D(3DS)
2015年 ゼルダの伝説 トライフォース三銃士(3DS)
2017年 ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(WiiU・スイッチ)

※非売品の限定ソフトや、サブキャラの派生ソフトなどは除外しています
※サテラビューとは、スーパーファミコンの周辺機器で、BS放送により配信されたゲームを遊ぶことができました
マーカーのタイトルはリメイク版です

これまでにかなり多くのタイトルが発売されていることがわかりますね。ただ、ハード(ゲーム機本体)がバラバラなので今からすべてのハードをそろえるのは大変。

でも、最新のハード機で過去作を遊ぶこともできるんです!

ハード別遊べるタイトル一覧

3DS

インターネットに接続できることが条件となりますが、今は「バーチャルコンソール」機能によって、過去のソフトをダウンロードして遊ぶことができます。

3DSを持っていない方は、今から買うなら2DSLLがおすすめです!わたしも3DSを持っていなかったので、つい最近2DSLLを購入しました。

2DSLLがおすすめな理由は、DSのソフトも3DSのソフトもすべて遊べるという点と、本体価格が3DSより安い点です。

3DSで遊ぶことができるタイトルはこちら

<バーチャルコンソール>

  • ゼルダの伝説 夢をみる島DX 617円
  • ゼルダの伝説 1 514円
  • リンクの冒険 617円
  • ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章 617円
  • ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章 617円
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース 926円

<パッケージ版・ダウンロード版>

  • ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
  • ゼルダの伝説 大地の汽笛
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D 2,916円
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 4,937円
  • ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D 5,076円
  • ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 5,076円

※こちらの料金はダウンロード版のものです

パッケージ版なら中古もありますし、もっと安く購入できると思います。近所のゲーム屋さんや、Amazonを見てみてください。

WiiU

こちらも3DSと同様「バーチャルコンソール」によりダウンロードして遊ぶことが可能です。ただ、Wiiのソフトを遊ぶ場合などはWiiリモコンなどが必要になる場合もありますので注意してください。

WiiUで遊ぶことができるタイトルはこちら

<バーチャルコンソール>

  • ゼルダの伝説 514円
  • リンクの冒険 514円
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース 926円
  • ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし 702円
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ 1,234円
  • ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 1,234円
  • ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 950円
  • ゼルダの伝説 大地の汽笛 950円
  • ゼルダの伝説 スカイウォードソード 2,700円

<パッケージ版・ダウンロード版>

  • ゼルダの伝説 風のタクト HD 6,156円
  • ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD 6,156円
  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 7,538円

※こちらの料金はダウンロード版のものです

パッケージ版なら中古もありますし、もっと安く購入できると思います。近所のゲーム屋さんや、Amazonを見てみてください。

このように、3DS(2DSLL)とWiiUさえあれば、ほぼすべてのゲームタイトルを遊ぶことができます。

※3DSとWiiUがあっても遊べないタイトルは「BSゼルダの伝説 古代の石盤(サテラビュー)」だけ

また、3DSとWiiUのうちで

3DSでしか遊べないタイトルは

  • ゼルダの伝説 夢をみる島
  • ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
  • ゼルダの伝説 トライフォース三銃士

WiiUでしか遊べないタイトルは

  • ゼルダの伝説 風のタクト
  • ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
  • ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
  • ゼルダの伝説 スカイウォードソード
  • ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

になります。

どちらか一方だけだと遊べないタイトルも多いので、やはり3DSとWiiUは両方あったほうがいいかなという印象。

わたしもWiiU持ってたんですけど売っちゃったんですよね・・売らなきゃよかったです。。

スイッチについても任天堂の公式サイトで検索してみたんですけど、今のところバーチャルコンソールやダウンロードなどで遊べるゼルダの過去タイトルが見つかりませんでした。今後配信される可能性はあると思います。

ゼルダの伝説のストーリーのつながりについて

ゼルダの伝説のタイトルは、一応ストーリーがつながっています。

なので、より深くゼルダの伝説を楽しみたいのであれば、ある程度遊ぶ順番を考えたほうがいいかもしれません。

特に「時のオカリナ」が主軸になっているので、これを先にやっておくのがおすすめです。

ただ、「時のオカリナ」は個人的にかなり難易度が高かったので、攻略本片手に必死にクリアしました。謎解きも難しいですし、あまりヒントもないので、敵を倒すのもダンジョンを進むのもいちいち骨が折れます。

なので、最初にこれをやったほうがいいとは言いつつも、最初にこれをやってしまうと「ゼルダ難しすぎ!無理!」となって挫折してしまう可能性も無きにしもあらず・・かもしれませんので、もっとライトに楽しみたいのであれば、「風のタクト」や「神々のトライフォース2」などが個人的には簡単で良かったです。

具体的なストーリーのつながりとしては、

スカイウォードソード

ふしぎのぼうし

神々のトライフォース&4つの剣

時のオカリナ

これがまず1つ。

そして「時のオカリナ」から時の勇者が敗北したか勝利したかでストーリーは2つに分岐します。

<時の勇者の敗北>

時のオカリナ

神々のトライフォース

ふしぎの木の実

夢をみる島

神々のトライフォース2

トライフォース三銃士

ゼルダの伝説

リンクの冒険

<時の勇者の勝利>

勝利バージョンではさらに子供時代と大人時代で分岐

【子供時代】

時のオカリナ

ムジュラの仮面

トワイライトプリンセス

4つの剣+

【大人時代】

時のオカリナ

風のタクト

夢幻の砂時計

大地の汽笛

このように、「時のオカリナ」を中心としてストーリーが分岐しているんですが、まぁストーリーはそこまで考えなくても普通にゲームは楽しめますので、もっているハードに合わせて好きなタイトルから遊んでも大丈夫です。

ということで、今からゼルダの伝説を遊びたい人のために、歴代のゲームタイトルをいろいろとまとめてみました。

わたしもまだ全部やったわけではないので、コツコツと攻略していきたいと思います!

ではまたーノシ

コメント